税金がかかる・かからない貯蓄を考察、得する貯蓄方法をご紹介!

PVアクセスランキング にほんブログ村
セミリタイア
Pocket

↑ ↑

日々のブログ更新の励みになります。是非クリックをお願い致します。

こんにちは、ロスジェネ世代のベンベンです。

本日、私は確定申告をしてきました。改めて税金って本当に大きいなと思ったのと、少しでも税金負担を減らせれば可処分所得を増やせると思いました。

今回は税金がかかる・かからない貯蓄について考えたいと思います。

税金がかかる・かからない貯蓄とは?

普段生活をしていると何に税金がかかっているか何て事は考えないと思いますが、しっかりと税金はかかっています。

税金がかかっているもの

  • 預金(普通預金・定期預金・積立預金など)
  • 財形貯蓄(一般・年金・住宅)
  • 投資(株式投資・投資信託・国債・社債など)
  • 貯蓄型保険の満期保険金

税金がかかる貯蓄には、預金(普通預金や定期預金など)・財形貯蓄・投資(株式投資や投資信託など)・貯蓄型保険があります。

預金ってあんなに低い(0.001%)なのに税金がかかるんだと思いますね・・・。本当に預金は必要最小限の生活防衛費で十分だなと思います。

一般的には、得た利益に対してのみ、20.315%の税金がかかるようになっています。

税金の内訳

  • 合計:20.315%
  • 所得税:15.0%
  • 復興特別所得税:0.315%(2013年1月1日~2037年12月31日)
  • 地方税:5.0%

税金が発生する内容まとめ

  • 普通預金・定期預金・積立預金:受取利息(利子所得)に対して20.315%の税金
  • 株式投資:得た利益(分配金+譲渡益)に対して20.315%の税金
  • 投資信託:得た利益(配当金+譲渡益)に対して20.315%の税金
  • 国債・社債:受取利息(利子所得)に対して20.315%の税金
  • 貯蓄型保険:一時所得または特例贈与に対する税金が発生
          ※支払った保険料より多い満期保険金を受け取った場合のみ

預金(普通預金や定期預金など)・財形貯蓄・投資(株式投資や投資信託など)はいずれも、得た利益に対して20.315%の税金がかかることが分かります。

上記の図のようなイメージですね。あくまで受取利息のみに課税されるというかたちです。

投資であれば、100万円を運用して50万円の利益が出て150万円になった場合、50万円の利益分のみに税金がかかります。こちらも税率は20.315%と決められており、この場合は101,575円を税金として納める必要があります。

貯蓄型保険では、支払った保険料より多い満期保険金を受け取った場合のみ、一時所得または特例贈与に対する税金が発生します。契約者(=被保険者)本人が満期保険金を受け取る場合は一時所得の所得税がかかり、受取人が本人以外(子など)の場合は特例贈与の贈与税がかかります。

なるほど。ただ、これはルールですので、仕方がないですよね。利益・利息に対してかかるので、損をした時はかからないので、個人的にはパチンコ・競馬などのギャンブルよりはるかに良いと思います。

税金がかからない貯蓄

  • 貯金(タンス預金含む):受取利息が付かないため、税金はかからない
  • NISA:年間120万円までの投資について、利益(配当金・譲渡益等)が5年間非課税
  • つみたてNISA:年間40万円までの投資運用益が非課税(最大20年間)
  • iDeCo:利息・運用益が非課税で、受取時も税制優遇ありさらに掛金が全額所得控除
        ※60歳まで原則引き出し出来ない

貯金は自分で保管しているので当然税金はかかりません。

ただ、投資で資金が増えた場合、通常なら得た利益に対して20.315%の税金がかかりますが、NISA・つみたてNISA・iDeCoの非課税枠を利用すれば、いくら利益が出たとしても税金はかかりません。これはやらない理由はないですよね!

節税しながら資産を増やしていく姿勢が大切

これからの時代は、節税しながら積極的に資産を増やしていく必要があるといえます。

今回の一押しは非課税枠が設けられている投資方法のNISA・つみたてNISA・iDeCoです。
もちろん「投資」なので元本割れリスクなどもありますが、比較的リスクをコントロールしながら資産運用できる貯蓄方法です。

【おススメ】2022年のiDeCo改正についてご紹介!かしこい投資をすることで豊かな老後を目指しましょう!
ロスジェネ世代のベンベンです。突然ですが、皆さんは老後に向けた準備を進めていますか?老後対策といえば、「NISA」「iDeCo」が最近よく聞きますが、今回は2022年以降に予定されている「iDeCo」の内容についてご紹介さ...
2024年に制度が始まる「新NISA」・期間延長の「つみたてNISA」制度変更3つのポイントをご紹介!
日々のブログ更新の励みになります。是非クリックをお願い致します。こんにちは、昨日はiDeCoについてご紹介しましたが、老後2,000万問題が発生した時の対策として、iDeCoと同じように目玉の方法として注目されているのが「NISA...

私もつみたてNISA・企業版iDeCoである企業型DCにて運用していますが、現状ではコロナショックでの大幅下落後の回復により、資産は+15~20%と絶好調に推移しています!

つみたてNISA・iDeCoともに甲乙つけがたいですが、

  • お金に余裕のある方:60歳まで引き出せないが、圧倒的な税制優遇のある「iDeCo」
  • 資産運用初心者・貯蓄が少ない方:いつでも換金可能な「つみたてNISA」

がいいかなと思っています。

他にもインカム投資の代表である不動産投資もありますが、

  • 不動産自体の流動性が低い事
  • ローンで多額の借金をする必要がある事
  • 物件が古くなったり修繕が常に発生する事
  • 不動産に精通していないと、不動産業者から騙されそう・・・

上記理由から今は全く考えていません。

ただ、毎月安定した収入が入るのは大きなメリットですので、不動産投資自体を否定するつもりは全くありません。

まとめ

今回は税金がかかる・かからない貯蓄について考察しました。

日本は少子高齢化の進行により、今後も深刻な重税国家になるリスクが高いですので、来るべきリスクに対して、しっかりと節税をして対策を立てておく必要があります。

そのなかで、現時点で最もおススメなのが「つみたてNISA」「iDeCo」だと思います。

私は米国株を軸にした投資信託・ETFにて積立て投資すれば、大きな失敗もなく着実に資産を増加出来ると信じています。

投資信託:eMaxis Slim全米株式(S&P500)・楽天全世界株式インデックスファンド

ETF:VTI(バンガード・トータル・マーケットストックETF)

上記3つは本当に間違いありません!

50代で節約して老後資金を増やす4つの方法をご紹介!増やしたお金で投資するおススメETF・投資信託もご紹介します!
↑ ↑日々のブログ更新の励みになります。是非クリックをお願い致します。こんにちは、ロスジェネ世代のベンベンです。私は50歳までのセミリタイアを目指しておりますが、50代は老後に向けて最後の貯め時ということもよく聞く...

個別株も非常に魅力を感じますが、3日連続で下落みたいな記事を見ると正常な気持ちでいれない小心者ですので、負けない投資を今後も実践していきたいなと思っています。

皆さんも貯蓄から投資に気持ちをシフトし、来るべき老後に備えて準備していきましょう。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございます。

以上、ベンベンでした!

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました