マイナポイントとは?お得なキャッシュレス決済をご紹介!

PVアクセスランキング にほんブログ村
セミリタイア
Pocket

↑ ↑

日々のブログ更新の励みになります。是非クリックをお願い致します。

こんにちは、ロスジェネ世代のベンベンです。

昨年より我が家では支出の見直しを妻としっかりと管理し、お得なサービスは有効活用することで余ったお金を株式投資・家族旅行などに使うようにしています。

実際に楽天市場でのポイ活で30,000ポイントをゲットしたり、エポスプラチナカードの特典で美味しいディナーを食べたりとお得なことを経験出来ました。

【朗報】ベンベン楽天ポイント30000ポイントゲット!楽天ポイントの効果的な貯め方についてご紹介します!
↑ ↑日々のブログ更新の励みになります。是非クリックをお願い致します。こんにちは、ロスジェネ世代のベンベンです。昨日、私の楽天市場のサイトを確認したところ、楽天ポイントが何と30,000ポイントも入っていました!...
【親孝行】義母・妻をフランス料理に行った報告、エポスプラチナカードのグルメクーポンで大満足でした!特典も合わせてご報告!
↑ ↑日々のブログ更新の励みになります。是非クリックをお願い致します。こんにちは、ロスジェネ世代のベンベンです。今回は私事ですが、日曜日にいつもお世話になっている義母と妻と3人で、フランス料理のフルコースを食べに行...

我が家でまだお得と分かっていながら実行出来ていないことが一つあり、それが今回ご紹介するマイナポイントになります。

何故まだ申請していないのかと、今後申請するにあたり、どのキャッシュレス決済を選べばよいかについてまとめました。

マイナポイントとは?お得なキャッシュレス決済をご紹介!

マイナポイントとは?

マイナポイント事業とは、消費の活性化とマイナンバーカードの普及を目的とした政府主導の施策のこと。2020年9月からキャンペーンが開始されました。

マイナンバーカードと紐付けたキャッシュレス決済サービスを利用すると、利用額の25%・最大5,000円分のポイント還元を受けることができます

5,000円分のポイント還元を受けるには、2021年3月31日までの期間中にマイナンバーと紐付けたキャッシュレス決済サービスで20,000円分の買い物やチャージすることが条件になります。

紐付けるキャッシュレス決済サービスによっては上乗せポイント還元があるので、ご自身のキャッシュレス決済の使用状況に合わせてお得なサービスを選んでいきましょう。

キャッシュレス決済サービスの利用で最大5,000円分のポイント還元

マイナポイントの利用申し込み後、マイナンバーカードと紐付けたキャッシュレス決済サービスでチャージまたは買い物をすると最大で5,000円分のポイント還元を受けることができます。

クレジットカードやコード決済サービスの還元率は1%前後が一般的ななか、マイナポイントの還元率はなんと25%です!

マイナンバーカードを持っている人であれば誰でも高い還元率でポイントを受け取れるので、こんなに簡単かつお得なキャンペーンを逃す手はありません!

普段からキャッシュレス決済サービスを使っている方はもちろん「これからキャッシュレス決済サービスを活用してみようかな?」と考えている方にもおすすめです。

ただ、マイナポイントを獲得できるタイミングは、紐付けた決済サービスによって異なります。

マイナンバーカードと紐付ける決済サービスを選ぶ際は、以下の2点を確認しておきましょう。

  1. チャージした時点でポイント獲得 or 支払後にポイント獲得かどうか
  2. 買い物またはチャージで即時ポイント獲得 or 翌月まとめてポイント獲得かどうか

20年9月からキャンペーン開始!100種類以上の決済サービスが対象

マイナポイントの付与は2020年9月からスタートしているので、いま利用申し込みをすればすぐにポイント還元を受けることが可能です。

対象となるキャッシュレス決済サービスはPayPay・楽天Pay・WAON・Suicaなど100種類以上あり、その中から1つの決済サービスを紐付けてマイナポイントを受け取ります。

どの決済サービスを紐付けるかは「普段の買い物で使えるか」「今後も使う機会がありそうか」というポイントを踏まえて考え、普段から定期的に利用している決済サービスの中から1つを選んで紐付けるのがおすすめです。

マイナポイントの付与期限は2021年3⽉31⽇まで(9月まで延長の見通し)

マイナポイントの付与は2021年3月31日までの買い物やチャージが対象になります。回数に制限はないので、申し込み時に紐付けた決済サービスを使えば、上限である5,000円分までは何度でもポイント還元されます。

マイナポイントの利用申し込みは2021年3月31日までであればいつでもできますが、遅く申し込めばその分ポイント付与の対象となる買い物期間が短くなるので注意が必要です。また予算の上限に達し次第ポイントの付与は終了となるので、どちらにせよ申し込みは早い方が得といえますね。

※2020年11月20日の総務省の発表によると、マイナポイントの付与期限は2021年9月まで延長する方向で調整中とのことです。

マイナポイントがお得にもらえる!キャッシュレス決済サービス9選

 WAON:最大2000ポイント上乗せ還元

マイナポイント申し込み時にWAONを紐付けると、特典としてチャージ額の10%が上乗せ還元されます。特典の上限額は2,000円分なので、マイナポイントの5,000円分と合わせて最大で7,000円分のポイント還元を受けることができます。

イオン系列のスーパーでの買い物はもちろん、ファミリーマートやローソンなどのコンビニなどでも利用することが可能。普段の買い物でコツコツとポイントを貯めたいという方にぴったりです。

WAONは皆さんになじみの深いカードですので、最もおすすめできますね!

LINE Pay:最大5,000円分のクーポン

LINE Payではマイナポイント5,000円分の還元に加え、最大割引額5,000円分の「スペシャル特典クーポン」のプレゼントキャンペーンが行われる予定です。期間は2021年1月8日(金)~2021年2月21日(日)。キャンペーンの参加条件は、マイナポイントの申し込み時にLINE Payを紐付けるだけです。

LINE Payを普段使用している方はこれ一択かなと思いますが、我が家は使っていないので、これは候補から外しました・・・。

d払い:最大1000ポイント上乗せ還元

マイナポイント申し込みの時にd払いを選択すると、チャージや買い物での利用額5%(最大1,000円分)が上乗せ還元されます。またマイナポイント5,000円分と合わせて最大6,000円分のポイント還元を受けることが可能です!

我が家もドコモユーザーですので、d払いは有力な候補ですね!

ゆうちょPay:1500ポイント上乗せ還元

マイナポイント申し込み時にゆうちょPayと紐付けるだけで、1,500円分のポイントがもらえます。マイナポイントと合わせると最大6,500ポイントが取得可能。チャージや支払いをせずにポイントがもらえるので、とてもお得なキャンペーンです。

ゆうちょ銀行の口座を持っていて、普段からクレジットカードやコード決済をあまり使わないという方におすすめです。

妻はゆうちょ銀行派なので、これを選択する可能性も高いなと思っています。

Suica:1000ポイント上乗せ還元

マイナポイント申し込み時にSuicaと紐付けるだけで、JREポイント1,000ポイントが還元されます。さらにビューカードでSuicaに20,000円以上チャージすると、抽選でJREポイントが2000ポイントもらえるキャンペーンも実施中です。

普段からSuicaを使って移動するという方は、申し込みするだけで1,000円分のポイントがもらえるのでおすすめです。ちなみに私もSuicaを使用しているので、候補の一つになります。

au PAY:最大1000ポイント上乗せ還元

マイナポイント申し込み時にau PAYと紐付けると、最大1,000円分の上乗せ還元を受けることができます。マイナポイントの上限付与額である5,000ポイントと合わせると、最大で6,000円分のポイントがもらえます。

au PAYを選択するだけで上乗せ特典が受け取れるので、面倒な応募条件を気にしたくないという方にはおすすめです。我が家はドコモユーザーですので、これは候補から外しています。

メルペイ:最大1000ポイント上乗せ還元

マイナポイント申し込み時にメルペイと紐付けて、アプリで本人確認が完了すると、メルカリでの買い物で最大1,000円分のポイント上乗せ還元がもらえます。マイナポイントの上限である5,000ポイントと合わせると、最大6,000円分のポイントがもらえることになります。

メルペイは定期的に大型キャンペーンを実施する事がありますので、キャンペーンにつきましては都度チェックすることをおすすめします。

楽天ペイ:最大300ポイント上乗せ還元

楽天独自のマイナポイントキャンペーンは行っていませんが、楽天のサービスを経由して楽天ペイにチャージし、支払いをすることで最高300円分のポイント還元が受けられます。マイナポイントによる5,000円分のポイントと合わせると、最大5,300円分のポイントがもらえることになります。

楽天経済圏で生活しているユーザーにはお得になりますので、検討してもよいと思いますが、我が家ではポイント上乗せが少ないことと、楽天ゴールドカード改悪で印象が悪いので、候補から外す方針です。

【悲報】楽天ゴールドカードが4月より改悪!ベンベン家での対応策と切替方法についてご紹介!
↑ ↑日々のブログ更新の励みになります。是非クリックをお願い致します。こんにちは、ロスジェネ世代のベンベンです。我が家は楽天経済圏にどっぷり浸かっている一家なのですが、そんな我が家に衝撃のニュースが今週は入ってきま...

PayPay:お得な上乗せ還元キャンペーン実施の可能性あり

PayPayは2020年11月23日から12月28日までの毎週月曜日、最大で1回分の決済金額全額(100%)のPayPayボーナスを受け取れる「マンデージャンボキャンペーン」を開催していました。

今後もポイント還元キャンペーンが開催されることが予想されます。マイナポイント以外にもお得なキャンペーンを数多く実施しているので、PayPayを利用している方はぜひ検討してみてください。

マイナポイント申し込みに必要なもの

  1. マイナンバーカード
  2. 自分で設定した数字4桁のパスワード
  3. 決済サービスのIDやセキュリティーコード

マイナンバーカードは本人確認のための身分証明書として利用できます。近くのコンビニで住民票を取得できたり、オンラインで確定申告ができたりと、持っていれば何かと便利なカード。マイナンバーカードを利用できる場面はどんどん拡大するとのことなので、早めに取得しておきたいですね。

マイナポイントの申し込みにはマイナンバーカードが必要

マイナポイントを申し込むには、まずマイナンバーカードが必要です。

スマートフォンやPCの他、一部の証明写真機や郵送による申請ができます。申請にはQRコードの読込や顔写真の撮影が必要なので、スマートフォンを利用するのがおすすめです。

マイナンバーカードは申請から受け取りまで約1か月かかるので、マイナポイントを利用したいと考えている方は早めに申請しましょう。

我が家も持っていないので、早めに申請しないといけないなと思っています!

マイナンバーカード申請時に設定した暗証番号が必要

マイナポイントの利用を申し込むには、マイナンバーカードを指定交付場所で受け取る際に設定した数字4桁のパスワードが必要になります。

マイナポイントを申し込むための「マイナポイントアプリ」でこのパスワードを入力する必要があり、3回連続して間違えるとロックがかかりますので、しっかりとメモして忘れないようにしましょう。

マイナンバーカードと紐付ける決済サービスのID番号・セキュリティーコードを用意

マイナポイントの申し込みをする前に、マイナンバーカードと紐付ける決済サービスを1つ決めておきましょう。「マイナポイントアプリ」で決済サービスIDとセキュリティコードの入力が必要になるので、あらかじめ確認しておくと申し込みの際にスムーズです。

マイナンバーカードと紐付ける決済サービスによっては、メールアドレスやその他サービスへの事前登録が必要な場合があります。登録方法はサービスによって異なるので、詳しくはマイナポイント事業 公式HPを確認しましょう。

まとめ

今回はマイナポイントとは?お得なキャッシュレス決済をご紹介しました。

マイナポイントの申し込みにはマイナンバーカードが必要で、カードの申請から交付には約1か月かかります。「マイナポイントを利用したい」と思っても、すぐに始められるわけではないので注意が必要です。

注意点として、マイナンバーカードと紐付けることのできる決済サービスは1つだけで、申し込み時点から変更することはできません。

普段使っていない決済サービスを選択して「使いにくい」「使う機会があまりない」となるのはもったいないので、よく使っている決済サービスを選ぶことをおすすめします。

我が家では

  1. d払い
  2. WAON
  3. suica

上記3つのなかから選ぼうと思っています。

マイナポイントの申し込みは一見難しそうに見えますが、マイナンバーカードさえ持っていれば誰でも簡単に利用できるお得なサービスです。

予算が上限に達成しない限り2021年3月末まで利用できるので、日用品や食料品などの買い物だけでも、最大5,000円分のポイント還元を受けるチャンスが充分にあります。還元率が25%と非常に高いので、この機会にぜひマイナンバーカードを取得してマイナポイントを利用してみましょう!

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございます。

以上、ベンベンでした!

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました