AI投資やロボアドバイザーに運用を任せることについて考察

PVアクセスランキング にほんブログ村
セミリタイア
Pocket

↑ ↑

日々のブログ更新の励みになります。是非クリックをお願い致します。

こんにちは、ロスジェネ世代のベンベンです。

私が投資を始めたのは2017年からですが、始めは何から手を付けていいのか分からず、本気で投資を検討したのがロボアドバイザーもしくはAI投信でした。

今回はロボアドバイザー・AI投信に関する記事のご紹介と私の現時点での感想を報告したいと思います。

AI投資やロボアドバイザーに運用を任せるのはお得?

ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンスニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス
Yahoo!ファイナンス「ニュース・コラム」では、通信社・新聞社・出版社・専門サイトが配信した、投資やビジネスに関する記事をご覧いただけます。

2019年の老後2,000万円問題より個人の資産運用に注目が集まる中で、忙しいサラリーマン・投資初心者に浸透してきているのがAI投信やロボアドバイザーになります。

そもそもAI投信・ロボアドバイザーとは?

「AI投資」「ロボアドバイザー(ロボアド)」とは、AI(人工知能、ロボット)に資産管理を任せるサービスのことをいい、預け入れた資産の配分をAIに決めてもらい、資産運用をお任せできるサービスです。

【「AI投資」「ロボアドバイザー(ロボアド)」の良いところ】

  1. 人手に頼らずに資産運用をお任せできる
  2. アクティブファンドと比較すると低コスト
  3. 簡単な操作で自分に合った運用方法に合致した商品で運用してくれる

上記のような点があげられるかなと思います。特に初心者にとっては簡単な質問に答えるだけで、その人に合ったプランを提案してくれるのは便利かなと思います。

【「AI投資」「ロボアドバイザー(ロボアド)」の問題点】

  1. アクティブファンドより低コストといえど、1%程度の信託報酬がかかる
  2. 簡単に出来る反面、全てをAIに任せるので、知識が身に付かない
  3. 含み損が膨らんだ際、怒りをどこにぶつけていいか分からない(苦笑)

特に1%の信託報酬をどう見るかだと思います。私は今は自分で資産運用をするようになったので、1%の信託報酬を払ってまでAI投資・ロボアドバイザーを使う気持ちは全くありません。

ただこの記事にもあるように資産配分の考え方など、非常に参考になる事もありますので、AI投信・ロボアドバイザーの存在を否定する気持ちは全くありません。

人気のロボアドバイザー3社のご紹介

ロボアドバイザーで人気なのは「ウェルスナビ」「楽ラップ」「THEO」ですね。この3つのロボアドバイザーについて比較したいと思います。

ウェルスナビ:ロボアドバイザー№1!

預かり資産残高と運用者人数がロボアドバイザーでNo.1がウェルスナビになります。

顧客目線が非常に優れており、手数料割引や税金の最適化、またキャンペーンも豊富です。

長期・分散・積立投資が効率よく自動化できる環境がしっかり整っているので、ロボアドバイザー選びに困ったら、とりあえずウェルスナビを選んでおけば大きな失敗はないでしょう。

【ウェルスナビの特長】

①圧倒的預かり資産残高と情報の透明性の高さ
 ⇒預かり資産3,100億円、340,000件以上の申込有り(2020年11月10日時点)。共にロボアドバイザーとしてNo.1です。
運用実績や投資の際にかかるETFの経費など、情報開示も徹底的に行なっているので透明性が高く信頼できること、サイト等もユーザーに不安点がないようにしっかりと設計されており、徹底したユーザー目線が光ります。

②長期投資を応援する「長期割」
 ⇒長期割は、50万円以上を運用している場合、運用期間と運用金額に応じて、6ヵ月ごとに手数料の割引が発生するサービスです。

これにより、基本手数料が最大で0.9%まで下がります。(税別)

あなたの長期投資を応援してくれるサービスですね。

THEO+docomo:投資しながらdポイントを貯めたいなら最もおすすめ!

THEO+docomoはその名の通り、ドコモユーザーにもオススメできるロボアドバイザーです。

【THEO+docomoの特長】

投資しながらdポイントを貯めることができるのが最大の特長です
投資している金額の0.12%(年間)がポイントとしてもらえ、更にドコモ回線を利用している場合は、さらに1.5倍のポイントがもらえます

②専門性の高い投資を行う
 ⇒THEOはスマートベータと呼ばれる世界の年金基金も導入している運用手法およびあなたの年齢にも自動的に合わせてくれる運用手法を採用しており、相場の急激な下落時は、AIアシスト機能が事前にSNSなどの情報をキャッチして、ポートフォリオの資産配分を自動で変更し、大きな下落を軽減してくれます。

ドコモユーザーであればTHEO+docomo一択かなと思います!

楽ラップ:楽天証券を利用している人におすすめ!

楽ラップは、国内の投資信託という金融商品で世界へと分散投資を行います。

【楽ラップの特長】

①楽天証券から利用できる
 ⇒楽天証券の口座を開設していたら、特別な新規口座開設を行う必要がなく、そのまま利用できるので、他の証券会社の口座を開設するのはめんどくさいなぁという人はオススメです。

特に、楽天ポイントでの投資は、ポイントで投資信託が買えるので投資初心者にオススメです。ポイント投資をすれば楽天市場ので還元ポイントが1%上がる特典もあります。

②下落ショック軽減機能(TVT機能)
 ⇒TVT機能とは、値動きが大幅な下落となりそうな時に、その値下がりを軽減する機能です。

具体的には、一時的に株式の比率を下げて、債券の投資比率を上げて、資産全体の値動きを軽減します。もちろん、市場の落ち着きと共に元の配分に戻してくれるので、「ドカンと値下がりするのは怖い・・・」という方にオススメのロボアドバイザーです。

まとめ

今回はAI投資やロボアドバイザーに運用を任せるのはお得なのかと、ロボアドバイザーについてご紹介しました。

特にロボアドバイザーは、何から始めていいか分からない投資初心者や、投資のことを考える余裕のないサラリーマンには確実におススメできる商品になります。

ただ、信託報酬が1%程度かかることが長期的にみれば大きなネックになりますので、私は信託報酬が限りなく低い投資信託・ETFを軸に長期・積立て・分散投資をすることをおススメします。

特におすすめなのは、

  1. eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  2. 楽天全世界株式インデックスファンド

上記の2つになります。eMAXIS Slim米国株式で米国全体に投資し、楽天全世界株式インデックスファンドで全世界に幅広く投資すれば、相場の下落局面でも長期的には確実にプラスになります。

ひろゆき氏の1%の努力でよりよい選択肢を取る生き方と、ふるさと納税・投資商品をご紹介
↑ ↑日々のブログ更新の励みになります。是非クリックをお願い致します。こんにちは、ロスジェネ世代のベンベンです。今回は私と同じ就職氷河期(ロスジェネ)世代である2チャンネル創業者のひろゆき氏の記事が非常に納得感のあ...

運用成績が好調なだけでなく、どちらも信託報酬が0.1~0.2%と破格であり、取引手数料も取らない超おすすめ投資信託になります。

ロボアドバイザーは株式以外にも、債券・不動産(REIT)・金など幅広く分散投資をしてくれますので、そのような投資をしたい人はご検討頂ければと思います。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございます。

以上、ベンベンでした!

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました